借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜 > ■借金日記 >  守るべきもの

■借金日記

 守るべきもの

毎日来てくれてる方々、すみません。


更新してなくって(^_^;)



何してたかっていうと・・・

他の方のブログばかり読んでました。



人気ブログランキング 

借金ブログランキング


そこで感じたこと








いろいろと見て回る中で、
気になった記事もチラホラありました。


コメントを残そうかと書きかけて止めたりもしました^^;


凄く気になっても、上手く言えない時ってあるよね?



借金ブログを見て回ってると

今自分がしなければならないことや
自分が本当にしたい事が明確ではない人もたくさんいるのだ。



そんな人は一度自分の原点に戻ってみてはどうだろう?




「借金をかえすぞ〜」だけではなく、
「何のために借金をかえすのか?」を考えてみたり・・・




「本当に守らなければならない大切なものは何なのか?」

「どうすればそれを守る事が出来るのか?」





これを考えなければ
借金は減らないし、
減ったとしてもまた繰り返すのではないだろうか?


自分が作った借金ではなく、
身内の借金で苦しんでいる人もいるだろう。



でも、それは自ら進んで得た苦労ではないだろうか?
回避する方法は今までにあったはずだ。
嫌なら逃げればよいのだ(苦笑)
自分で理由をつけて先延ばしにして来たに過ぎない。



その苦労がなんの為の苦労なのかを考えなければ
いつまでも前には進めないし、
その苦労は報われない。

自分の意思を表に出し、
発言し、行動に移さなければ解決はしないのだ。


相手がいるならば、その相手が
自分の人生を捧げるだけの
価値がある相手なのかどうか
見極めるのは自分だ。

相手を成長させる事が出来るかどうかも
自分次第だ。




会社で言えば、
自分の頑張りに対する見返りが、
少ないと感じたなら
もっと頑張って認めさせるか
もっと評価してくれる会社に転職するかは自分で決めるのだ。



家庭の中も同じではないか?





自分の気持ちをしっかりと確認し、
守るべきものを守るために行動する。


守るべきものとは愛する子供であったり、
自分自身ではないか?





借金ブログが日々増え続ける中で

本当に大切なものは何なのか?
と、自らに問いかけつつ再確認する意味で今日は書いてみた^^;




人気ブログランキング 

借金ブログランキング



ランキングが上がると

私以外の借金で苦しんでいる方々の目にも止まりやすくなり、

多重債務にもかかわらず踏ん切りのつかない人々が

最初の一歩を踏み出すきっかけになればと思っております。

借金の無い方もご協力をお願いしますm(_ _)m

<< 鬼さんの掲示板で・・・ | 借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜トップへ | どのくらい減ったかな?>>

この記事へのコメント

  • ソラ
  • 2006年03月17日 01:48
  • 親父さん、こんばんは!

    今日の記事はなんだか私にぴったり当てはまるな〜って感じで読みました。
    確かに自ら選んだ苦労ですね。ほんとその通りです。
    この人と一緒になることで将来どうなるのかを全て見えていた訳ではないけれど、もっと覚悟をするべきだったのかもしれません。
    そしていつも旦那1人を責めてきた私だけれども、私ももしかしたら同罪なのかと・・。

    なんか何を書いていいのかわからなくなってしまいました||||○| ̄|_
    すみません!
  • 臼井正己
  • 2006年03月17日 03:44
  • 遅ればせながら『金持ち父さん、貧乏父さん』を読みました。やはり本田健さんが言うところのお金のIQEQは必要だなぁと思いました。
  • リーナ
  • 2006年03月17日 13:00
  • 親父さんこんにちは!

    私も以前、夫が勝手に作った借金を、我が家の借金として返済し続けた過去を持っています。

    発覚した借金は計3回。
    最後の3度目は、息子が2歳の時でした。

    その時、2人家族の時の借金発覚の時とは味わえない、何と言うかへんな気持ちを、今でも良く覚えています。

    私にとって、守るべきは息子とお腹の赤ちゃんですね。。
    悪いけど夫は入っていません(*^m^)

    でも、夫の変わりようは私から見てもすごいものです。本人は相当努力したんだと思います。

    もしかしたら何年か後、守るべきものの中に夫が入る日は来るかもしれません…。
  • 借金親父
  • 2006年03月17日 22:06
  • ソラさん、いらっしゃい^^

    今日の記事の半分はソラさんに向けて書いたものです。
    焦らずゆっくり考える時間が必要なのかもしれませんね。
    がんばれ!




    臼井さん、いらっしゃい。

    う〜ん・・・
    イマイチ意味が解りません^^;
    ごめんなさい。




    リーナさん、いらっしゃい^^

    >私にとって、守るべきは息子とお腹の赤ちゃんですね。。

    しっかりと守ってあげてください^^
    その姿勢が旦那さんにも伝わっていると思います!
  • びびあん
  • 2006年03月17日 22:33
  • こんばんは。

    今日の記事を読んでいて、私も再確認しました。
    自分の借金問題に危機感を覚えたとき、一番に考えたのは子供たちの行く末でした。
    私がここで失敗してしまえばこの子達は一生傷を背負って生きていかなければならなくなると。

    そして、旦那にカミングアウトし、旦那がこの問題を私の問題としてではなく私たちの問題と捉えてくれたとき、私は旦那と子供たちを守らなくてはならないと思いました。そしてそのためには必ず完済させなければならないと。

    私のブログでも書きましたが、私は私の意志で、私一人の私欲のために借金をすることは二度としないでしょう。私を支えてくれている旦那や私を頼りにしている子供たちの為に。ひいては私の人生の為に。
  • まなぶん
  • 2006年03月18日 08:50
  • なんか俺の事言われてる気がする・・・(笑)

    最近借金のある事を忘れて
    環境の変化にうかれていましたは・・・

    親父さんに
    喝を注入されました〜(笑)

    初心に帰ります
    もうあんな風になりたくないし
  • 借金親父
  • 2006年03月19日 16:09
  • びびあんさん、いらっしゃい^^

    いい旦那さんで良かったね^^
    大事にしましょうね。
    家族も自分も!




    まなぶんさん、まいど^^

    >なんか俺の事言われてる気がする・・・(笑)

    そう思うってことは借金体質が抜けてないね^^;


    >喝を注入されました〜(笑)

    いやいや、自分に問いかけてるんです^^;
    自分が再確認する意味でも書いてるんで(苦笑)
  • ゆう
  • 2006年03月19日 20:46
  • こんばんは。親父さんの今回のブログでやはり考えてしまいました。自分にとって一番は何か?
    やはり、主人とオコゼです。主人の言葉や態度、オコゼの成長が一番大切なのです。それが今回の借金で分かりました。
    主人と結婚してよかったです。オコゼがいてよかったです。去年の夏の暑い日、裁判所の前の公園で無邪気に遊ぶオコゼを見て、主人とオコゼを泣かせない様にしないと・・と思いました。
    そして、主人の「自分に自信を持ちなさい」という言葉が今、よく分かります。素の自分でも主人の愛情は変わらないんだって事が分かります。

    親父さん、これからも自分の出来る範囲で頑張ります。また、来ます・・・。
  • 借金親父
  • 2006年03月19日 21:36
  • ゆうさん、いらっしゃい^^

    過去の辛さを乗り越えて、今のゆうさんの暮らしがあります。

    辛い過去も、現状の借金も、これからの長い生活の中で少しずつ減らしていきましょうね。

    ゆうさんなら、返し終わった時にきっと最高の笑顔になれると思うし、旦那さんもそれをきっと支えてくれます。

    借金を完済した時に、
    「長い間自分を蝕んできた借金体質って病気を完全に取り去るための期間だった」と思えれば、まんざら無駄な時間でもないと思って私は返済してますよ^^

    一緒に頑張ろうね^^v
  • MOMO
  • 2006年03月21日 09:34
  • 初めまして大馬鹿夫婦の妻です。
    いつも読んでばかりでコメントを書くのは初めてです。

    この内容は今の自分の事を書かれているのかと思うくらい胸にジーンときました。
    自分で今の状態を回避できるのに、しなかった自分。
    結婚した以上夫を信じたい自分がいました。
    妻ならばそう考えることは夫婦生活の中で一度や二度はあるかなぁと・・・。
    誰の為の人生か?
    今の自分はどうなんでしょうか?
    即答できません。
    余裕がないからでしょうか?
    すみません・まとまっていないのにコメント書いてしまって・・・。
    出直してきます。
  • 借金親父
  • 2006年03月21日 14:02
  • MOMOさん、はじめまして^^

    ご自分の人生ですから
    良くするのも、不幸になるのも
    自分で選んだものだと思うのです。

    納得のいく道を選びましょうね^^

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。