借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜 > ■借金日記 >  法律家って・・・ 

■借金日記

 法律家って・・・ 




まいど様です。



若干気分が下がり気味の借金親父です。



気落ちしてるのは、「続・サラ金日記」の記事を読んだためです・・・

鬼さん久々に怒ってて・・・(汗)
私も読んでるうちに腹が立ってきて・・・




債務・借金ランキング 

借金ブログランキング







今回読んだ「続・サラ金日記」の記事↓

弁護士費用の分割について」 と 「弁護士費用分割についての状況報告



もし読んでいない人がいたらまずは読んで欲しいのだけど、

「そんな事がまかり通っていいのか?」って感じである。


弁護士費用の分割は債務者救済の処置であり、救われた債務者がその対価として払うものだと私は勝手に思い込んでいた・・・


しかし「着手金が払い終わってから着手します」では分割じゃないじゃん!




クレサラ専門の弁護士や司法書士が全てそうだとは思わないが、
そんな奴が債務者の代理で法定に立つと思ったらぞっとする。



私も特定調停で裁判所に行った時に裁判官や書記官や調停委員にしつこいくらいに

「弁護士や司法書士の無料相談に行ってください。」って言われたが・・・

行かなくてよかったよ。


だって当たり外れじゃ済まされないでしょ?

知識が無いから相談に行くわけで、その時にどんな弁護士や司法書士に当たるか解らないわけだし。


以前から
「弁護士に相談したら、すぐに自己破産を進められる」とかは聞いた事があったし。


鬼さんは今回の件に関して人気ブログランキングの「債務・借金」カテゴリーに参加している法律家のブログに対して
2件はコメントで、1件はトラックバックで、もう1件はメールで意見を求めているが、
いまだ弁護士や司法書士からの返事は来ていない。

業務が休みだから見ていないのだろうか?
月曜になれば返事が来るのだろうか?


なーんて考えながらサイトをまわっていると、
1件のブログではトラックバックが削除されていた・・・・??


やましい事してるって自分で言ってるようなもんではないのか?

法律家としてきちんと答えるべきではないのか?



なんだか寂しくなってこの記事を書いている。


先にも書いたが、けして全てのクレサラ関係の法律家がそうだと言ってるわけではない。

ただ一握りでもそんな法律家がいることが寂しいのだ。



明日、「続・サラ金日記」のコメント欄に
きちんとした回答がされている事を期待しているが・・・


鬼さんは本気で怒っている。
時間が経って風化されて良い話では無いと借金親父は思う。

皆さんも今後の「続・サラ金日記」の展開に注目してください!



借金親父は自分の事で精一杯なので・・・

明日は灯油バトルの最終回を更新予定です!




債務・借金ランキング 

借金ブログランキング



ランキングが上がると私以外の借金で苦しんでいる方々の目にも止まりやすくなり、
多重債務にもかかわらず踏ん切りのつかない人々が最初の一歩を踏み出すきっかけになればと思っております。
借金の無い方もご協力をお願いしますm(_ _)m

<<  やっと来た!  | 借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜トップへ |  灯油バトル 最終回!  >>

この記事へのコメント

  • あといくら
  • 2005年12月13日 01:07
  • こんばんわ^^
    私も鬼さんの記事、読みました(っていつも読んでます♪)
    私も任意整理をお願いした時はまず自己破産を強くすすめられましたし、全ての支払いは分割でした。
    そこには着手金分が支払いおわったら整理を始める・・・という説明はありませんでした。
    結局、すぐに手続きしてくれたのか、着手金が払ってからなのかわからず終いでした・・・ちゃんと説明を受けなかった私が悪いですね・・・(><)←ソレガシャッキンタイシツ
    今後、弁護士さんに依頼しようと思っている人は親父さんや、鬼さんの所を沢山読んで勉強して欲しいですね。私も遅ればせながら考えさせられました。
  • 借金親父
  • 2005年12月13日 01:18
  • いくらちゃん、どもー^^

    鬼さんの所は本当に勉強になるよね。
    私のブログは勉強にはならんかも(笑)
    気持ちって言うか、気構えみたいなものだけでも伝わったらいいなって思うけど^^;
    頑張って返済だー!
  • サライ@休憩中
  • 2005年12月13日 11:29
  • お久しぶりです・・・
    実は私も得意先が倒産をして融資を受けるために銀行に行って来ました。
    国民金融公庫と言うその銀行は、やたらめったら面倒な審査が有り、事業をしていく為の心構えまで聞かれる訳です。
    借りたい金額は500万ですが(最初からそんな金額を借りられる訳じゃないので多めに書いた)300万の融資が可能・か・も・との事でした。
    そりゃもう
    通帳やら帳簿やら確定申告の書類・国税のが振り込んであるか市・町民税の振り込み通知書
    仕事を始めるにあたっての設備見積書
    今までにした会社の仕事の注文書・仕事の数々
    会社員になってからの経緯
    借り入れの有無

    通帳を眺め、これは何の引き落としですか?との質問攻め

    これで借り入れ出来るって決まってないんですよ(笑)審査なんです
    借り入れ出来ないかもしれないのに、2時間ほどの面談付きです・・・・
    お金借り入れるって大変なんです。
    でも、苦労して借り入れる事が出来たときは1.9%の金利

    安易に借りるという事の落とし穴も、借りてしまうという事の認識の甘さも気構えとして持って欲しいです。

    借り入れが出来なかった時は、ものすごく大変な状況になりますので今からどきどきしてます。
    国金で言われた事は、返せると思う金額を貸しますとの事でした。

    借りて返済をするという重さを感じた一日でした。
  • 借金親父
  • 2005年12月13日 21:08
  • サライさん、おひさしぶりです^^

    >借りて返済をするという重さを感じた一日でした。

    多重債務者は(私も含)その重さを感じる感覚が鈍いのでしょうね。
    その感覚がきちんと身に付くまでは借金体質から脱却したとはいえないのでしょう。
    お仕事大変そうですが無理せず頑張ってくださいね^^
  • サライ@休憩中
  • 2005年12月14日 11:34
  • でも、今は解っていらっしゃると思います。
    昔、テレビで見たのですが
    一万円札を想像してその大きさを紙に書き、本当の大きさと照らし合わせてみる・・・
    その紙に書かれた大きさが小さいほど、お金を軽視している。
    ちょうど良い大きさに書かれた場合は、お金を使う事のバランスが良い様です。
    その当時、私は一万円を小さく書きました。
    今は・・・
    怖くて書けません。意識が変わってないと感じた時、落ち込むから(笑)
    一度おためし有れ
  • 借金親父
  • 2005年12月14日 19:44
  • サライさんへ

    ほお^^
    やってみますね(笑)

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。