借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜 > ■特定調停の実況中継! >  妻の決断。 

■特定調停の実況中継!

 妻の決断。 



いらっしゃいませ。m(_ _)m



めっきり寒くなってきましたね。

私の住む地域ではそろそろ初雪も見れそうな時期になってきました。
もう朝晩はストーブがないとジャガイモが鼻水垂らします^^;

こんなに灯油の高い年は初めてです・・・

生活が圧迫されますね。

冬だけは南の島に行きたい!!




債務・借金ランキング 

借金ブログランキング


↑ご協力をお願いします。


前ふりはこの辺で・・・







不意に妻から破産に「待った!」が掛かったのです。





妻はある決断をしたようです・・・







「他に方法はないの?」
「保証人に話すことなく、迷惑も掛けない方法は・・・」





「全額じゃなくてもいいから少しまとまったお金があればな・・・」





「いくら位あれば破産じゃなくて調停で進める事が出来るのかな?」





「そうだな今の俺達の原資からすると・・・100万位かな・・・」

「100万あれば車のローンだけでも終わらせてしまって、月の車のローン分(3万4千)とボーナス払いの分(15万×2回)を月割りで原資に充てられるから3年で払いきれるし。」

「過払いがすぐに取り返せるならそれも可能なんだけど・・・時間がかかるだろうしな。」






「・・・・・・・・」(しばし黙って)

「話して・・みようかな・・・・・」






「はぁ?誰に??」






「両親とか・・・兄さんとか・・・」











妻にとっては一番話したくない相手のはず・・・・。

しかし妻は頭を下げてみると言うのです。









「もし借りる事が出来ても調停の分と合わせて返済していくのはかなり厳しいぞ?」
「両親はそんなに余裕ないだろ?」






「元々は私が黙っていた事が原因だし・・・両親は無理だと思うけど・・・謝りたいし・・・
兄さんなら今の事情を話せばもしかしたら・・・」






妻が肉親に話す決意を決めた理由



1、車の保証人は私(借金親父)にとって、とても大切な恩義のある人であり、今後も仕事上接していかなくてはならない人であるため出来る事であれば伏せておきたいし、もし間違って誰かの耳に入らないとも限らない。その場合の私の立場を気にしている。



2、今回の騒動に発展した原因はそもそも自分が借金を隠していた事が発端であり、最初に私に話していればここまで大きな債務にはならなかったと思うから。



3、破産して借金がチャラになっても自分がまだ借金体質から抜け出した訳ではなく、その後の自分の行動に自信が持てない。私の理解が得られれば苦労しても返済する道を選びたい。







ということです。






当然、損か得かという話になれば調停よりは破産の方が得かもしれません。

借金が無くなるのですから・・・・




裁判官の言う通り「新しい気持ちでスタート」するにはその方が良いと思います。




しかし私達夫婦にとっては損得だけの問題では無いのです。







「多分そんなに簡単に借金が無くなったら・・・私おかしくなっちゃうかもしれない・・・」
「あなたが破産したら私はそれを一生負い目に感じると思う・・・借金が無くなっても喜べないし・・・鬱になるかもって最近思うの・・・」





この言葉で私も納得しました。







私一人の問題ではない、夫婦の問題だ。


いや、家族の問題だ。







妻は今病気と闘っているのだ。

「借金体質」という大病だ。






私の中にもその病気はまだ潜んでいる。








夫婦揃って完全にその病気に対する免疫がつくように

その病気を退治することにした!








破産はいつでも出来る。

もしも兄さんから貸してもらえなくとも調停で押し切る。







どんなに頑張ってもダメで
ジャガイモに飯を食わせる事が出来なくなったときに
破産すればいい。









私がもし破産したら「遠回り」と言われるかもしれないが







それはそれでいいのだ。







人生の中で無駄な経験などないと思うから。








債務・借金ランキング 

借金ブログランキング

ランキングが上がると私以外の借金で苦しんでいる方々の目にも止まりやすくなり、
踏ん切りのつかない人が一歩を踏み出すきっかけになればと思っております。
借金の無い方もご協力をお願いしますm(_ _)m

<< 自己破産・・・ | 借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜トップへ |  多忙の為 >>

この記事へのコメント

  • こう
  • 2005年11月07日 23:43
  • 私には、良いとも悪い?とも言えませんが。。
    だけど、自分達が決めた道なら遠回りに結果もしなったとしても、納得が行くでしょうしね!
    感情的ではなく、現実的なレベルで話あってる感じがしますので、親父さん家族にとって堅実な進んでください!応援してま〜す(^^)v
  • ゆう
  • 2005年11月08日 00:33
  • こんな事言っていいのか悪いのか分かりませんが、私達夫婦の場合の特定調停の事です。
    750万が550万になった話は前に書き込みしました。で、毎月の支払い額は最初の1年は12万です。
    10社あります。一番低い返済金は5千円、高い返済金は3万5千円。でも最短で12回、最長で52回という支払い期間です。親父さんの悩んでいる姿が目に見えてしまって、恥を覚悟でかきますね。
    主人の手取りの給与は32万、その内13万が主人前妻との間の子の養育費学資保険代です。残り19万。家賃は0、公共料金(携帯含む)3万、ブロバイダー等で1万、雑費3万で残りが12万です。これが返済にまわります。
    食費や生活費、オコゼにかかる費用はボーナスの
    切り崩しで乗り切るのです。ボーナス分として月4万を考えているので、食費生活費オコゼ費は4万です。これで、私達は調停を成立させました。

    親父さんの今の気迫と、奥さんの頑張りなら
    乗り切れる様な気がします。

    生意気言ってごめんなさい。
  • 借金親父
  • 2005年11月08日 00:52
  • こうさん、いつも本当ににありがとう!

    >自分達が決めた道なら遠回りに結果もしなったとしても、納得が行くでしょうしね!

    そうですよね!
    私はデメリットがあるから破産が嫌なのではなく、借金体質が残るのが嫌なのです^^;

    >応援してま〜す(^^)v

    ありがとう!心強いです♪




    ゆうさん、お気遣いありがとう。

    とっても参考になります。

    >親父さんの今の気迫と、奥さんの頑張りなら
    乗り切れる様な気がします。

    そう言われると勇気がでます。

    >生意気言ってごめんなさい。

    とんでもない!またお願いします!
  • まぁ
  • 2005年11月08日 01:05

  • 家族・兄弟から借りることも借金です。
    借りる場所を家族・兄弟に移しただけです。

    どこからそのお金を出してもらったのか。と
    いう点が、調停委員と裁判官が、どう判断するか
    問題になると思われます。(金額が大きいので)
    借金のことに協力してくれたと見てくれるか、借金
    場所を家族・兄弟へ移動させたと見るかです。
    (これでは解決にならないと見られる可能性)

    場合によっては、自己破産を積極的に勧められて
    しまうことも考える必要性があるかもしれないです。

    もう、最悪のシナリオまで考えておられるので、
    ただがんばってください。としか言えないです。
  • まぁ
  • 2005年11月08日 01:17

  • 書き忘れましたが・・。

    調停委員によっては、保証人がついているものが
    あっても、自己破産を勧める方はおられます。
    保証人に話して理解してもらう事を言われると
    思います。
  • 借金親父
  • 2005年11月08日 01:25
  • まぁさん、いらっしゃいませ。

    >家族・兄弟から借りることも借金です。
    借りる場所を家族・兄弟に移しただけです。

    重々承知しております。
    本文には書いておりませんが妻とはそのことについても十分話し合いました。
    「経済的利益を優先するか、
    経済的利益を得るための体質作りを優先するのか。」
    ということです。
    今、私達は治療中です。
    よって、弁護士に丸投げしてしまったり、ただ投げやりに破産するのでは問題の解決にならないとの結論に達しました。
    逆に言うと自分達の体質がしっかりと治っているならば破産もアリだとは思っています。
    ただ、今はそのときでは無いように感じているのです。上手く表現出来ませんが・・・

    >ただがんばってください。としか言えないです。

    じゅうぶんです!いつも感謝しています。
    見守ってください。
  • tomo
  • 2005年11月08日 01:36
  • 親父様初めまして!tomoと申します。初コメントです(照)毎日親父様のブログを読んで密かに応援していました。私達夫婦も借金体質から抜け出すため生活や考え方を改め日々精進するためスタートを切りました。これからも応援していきますのでよろしくお願いしますm(_ _)mリンク貼らせて頂きました。
  • holy
  • 2005年11月08日 02:25
  • なんか、今回は親父様だけでなく奥様もかっこいいですね。
    結局ダメだったってことになっても、なんとなく今の奥様なら病気を蹴散らしそうです。
    奥様、身内に話す決心、ご立派です。
  • あといくら
  • 2005年11月08日 09:11
  • 兄さん!こんにちわ!
    借金体質はどんな整理の方法であれ、きっと治していけますよ!
    一人じゃないし・・・。
    家族にとって一番良い方法がみつかるように、応援してます〜^^(もちクリックじゃあ!)
  • 2005年11月08日 11:55
  • 親父さん
    特定調停では、
    支払い不能と裁判所が判断すれば、
    申立人の意向に反して不調とされるケースもあります。
    ただ、実際にその決断を裁判所が下す事はほぼありません。
    多くの場合、申立人が自ら取り下げた、
    という形を取ろうとします。
    つまり、親父さん夫婦が断固として支払いをする意思と計画を示す限り、
    不本意に不調とされる事は、ほとんどないと考えて下さい。
    私も個人的にはまぁさん同様、
    破産という選択肢の方が合理的であると考えます。
    ただ、親父さんと奥さんの考えを加味すれば、
    やはり「最後まで払う」という選択肢もアリだと思います。
    また、自己破産や個人再生は、
    ある意味バンザイですが(個人再生は一部バンザイw)、
    特定調停に関してはバンザイではなく、
    ある意味、正当な法的主張の範疇(将来利息のみ一部バンザイw)です。
    合理的な判断だけで考えれば、
    借金のある人は全て破産するのが合理的であると言えるでしょう。
    でも、やはりそこは心の問題が大きいでしょうから、
    特定調停で行く、と決めたのであれば、
    借金体質の完全克服に向けて、
    これからの返済に立ち向かって欲しいと思います。
    また、充分承知の上だとは思いますが、
    本当に返済の継続が困難だと判断したら、
    家族の生活を最優先して、
    躊躇なく破産に方針転換をして頂きたいと思います。
    たしかに「バンザイ」ではありますが、
    金融機関は初めから、そのリスクは織り込み済みの利息を取っています。
    それを「不義理だ」と言うのであれば、
    破産を織り込まない利息で貸すべきです。
    織り込み済みの利息を取っている以上、
    貸した側にも「不義理だ」と言う資格はないんです。
    元サラ金にいた立場から言うんだから間違いありません(笑)

    あと、気になったので、
    ゆうさんへ
    確かにご主人さんの前妻との間のお子さんへの養育費は支払うべきかも知れません。
    ただ、月12万というのは、今のゆうさん家の経済状態を考えれば払いすぎです。
    前妻との間のお子さんを優先しておこぜちゃん家の生活を犠牲にするのでは
    バランスを欠いていると思います。
    養育費の取り決めは、
    途中での変更が認められています。
    裁判所で養育費変更の申立てをする事もできますし、
    それを前提に協議することも検討してみてはいかがですか?

    親父さんのブログでのおせっかい、
    お許し下さいm(__)m
  • 借金親父
  • 2005年11月08日 23:31
  • tomoさん、はじめまして!

    先程覗かせていただきました。
    ちょっと照れました^^;
    近々にゆっくりお邪魔しますね。




    holyさん、いらっしゃい♪

    妻もこのブログは見てるので、かなり喜びそうなコメントです!
    引越し、なんだか大変そうだね^^;
    良い物件が見つかりますように!




    いくらちゃん! まいど^^

    いつもありがとね!
    いくらちゃんのブログは毎日楽しく読ませてもらってます。
    借金返し終わったら北海道に遊びにおいで♪
    それまでにこっちも完済しとくから^^;




    鬼さん、いつもいつも感謝です!

    私の気持ちを見透かしているかのようですね^^;
    鬼さんのブログに出会っていなかったら・・・

    不安な時にいつも鬼さんのブログを読み返しています。
    そこには必ず答えがあって私の背中を押してくれます。
    ありがとうございます。

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。