借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜 > ■債務整理 >  特定調停。

■債務整理

 特定調停。




いらっしゃいませ。


昨日の記事にはたくさんのコメントありがとうございましたm(--)m


債務者以外の方のご意見も多数頂きまして大変参考になりました。




今日は妻が簡易裁判所に行って特定調停申し立ての書類を貰ってきました!




ランキングに参加しています。

借金・債務ランキング

借金ブログランキング


クリックして頂けると励みになりますし、今後の報告にも力が入ります(笑)









貰ってきたのは「特定調停申立書」と「陳述書」です。


先に電話で確認した際に、「簡単な家計の流れがわかる物」と「債務の一覧」を持ってきてくださいって言われてたので、最近自分のために作っていたエクセルの家計簿と債務の一覧をプリントして妻に持たせた。



妻が言うには「たくさんの人が並んで待っていたが何も用意してきてなくて時間がかかっていたけど私は説明早かったよ」

だってさ(笑)


エクセルのプリントを見せたら受付の人に
「かなり勉強されているみたいなので解ってはいると思いますが、もう一度ご説明させていただきます。」
って言われたらしい・・・・


勉強って程のものではないが・・・

申立書は水曜日には提出予定。
「その日もご主人は来なくていいですよ。」「休み取るのも大変でしょうから」
なんて言われたらしい^^;


大変助かる!

何しろ会社は今が一番忙しい時期で、先日日記に書いた夕方出勤も危ういと思っていた。
水曜日にどうやって裁判所に行こうか悩んでたから大助かり!^^;


その後は調停委員と会うことになるらしいが3〜4週間後ということなので
なんとかなるかな?

明日も早いので今日はこの辺で。


おやすみなさい。

<<借りても節約? | 借金と闘う親父の苦悩 〜借金完済への道〜トップへ |  まだ会社です・・・>>

この記事へのコメント

  • passer-by
  • 2005年09月28日 03:35
  • こんにちは、借金親父さん。
    先日書き込みをさせてもらった passer-by です。

    読みようによっては独りよがりな自己満足とも思えるような私の書き込みに
    丁寧なレスを頂いて、ありがとうございます。

    > 感謝です。

    お礼はサラ金日記さんに言ってください。
    最初、書き込むつもりなどなかったのですが、サラ金日記さんの
    「借金体質を改善したいのであれば、借りた事のない人ともっと
     交流するべきです」
    というコメントを読み、私の書き込みも何かの役に立つだろうと思った
    次第でして。

    他の日の日記を拝見させていただいて、借金親父さんの借金総額が
    600万を超えることを知りました。
    いやぁー、見事な借金雪だるまを作りましたね。
    私は特定調停とか法的なことは何も分かりませんが、本当に頑張って
    いただきたいと思います。

    マイナス600万をゼロにする、、、これ、大変なことですよ。
    マイナス600万をゼロにするのと、ゼロから600万貯めるのと、
    一見同じようですが、(調停などで金利がどうなるのか知りませんが)
    利息もあるし、何よりも精神的につらいだろうから、
    マイナス600万をゼロにするのに費やすエネルギーは、ゼロから
    1000万以上貯めるエネルギーに匹敵するだろうと思います。

    こんなことを言うのは何も意欲を挫くためではありません。
    その逆です。将来の、マイナス600万をゼロにしたあなたならば、
    それから1000万貯めることなど、非常に容易いことだからです。
    マイナス600万をゼロにするのに要した同じ時間で、おそらく、
    1000万以上貯めることが出来るあなたが、その時生まれている
    のです。高いモチベーションで自分を引っ張り上げましょう。

    その為には、(何百万も借金を持ちながら、そのうち返せるだろうと、
    あまり無理をしない返済計画を立てる方がおられるようですが、どうせ
    その先待っているのは同じ惨めな人生だけです)、歯をくいしばって、
    無理をしてでも、出来るだけ早く返しましょう。早く返せば返すほど、
    その同じ短時間で、その先あなたは1000万を貯められるのですよ。

    出来るだけ早く600万を返し切るタフな経験の中で、確実にあなたは
    借金体質のあなたから、金持ち体質のあなたへと生まれ変わるでしょう。

    途中しんどくなっても、先日私が言ったように最低限300万までは
    気を抜かずに頑張ってください。そして300万貯まったその日から、
    その3分の1を、1円をシビアに見る金持ち体質の目で、投資に回す
    のです。

    マイナス600万をプラス300万にしたあなたは、単純にゼロを300万に
    する人より数倍タフです。おそらくご自分でもびっくりするぐらいの
    短時間で(おそらくかかっても3年以内に)1000万に達していると
    思います。

    数百万の借金に苦しんでいる人は多いと思いますが、私は次のように
    思います。

    返そうと決意した今、それは人生で最大のチャンスなのです。
    この借金が無ければ、と多くの人は思っているでしょう。
    しかし、次のように考えた時、人生の最大の苦境は一瞬にして
    最大のチャンスとなるのです。

    もし、この借金がなければ、それほど苦しんではいないかもしれません。
    しかし、おそらく借金はなくとも、あるだけをほとんど使ってしまい、
    どうせそれほどの人生は歩んではいないのです。そして、そのことに
    気づかないままでいるのです。

    借金をしなければ、ひょっとしたら出会えなかったかもしれないチャンス、
    生まれ変われるという、人生で何物にも代え難い最高のチャンスを、あな
    たは今もらっているのです。それと同時に、数ある中でもっとも得難い
    人間の徳、苦しい人の気持ちが分かる優しさと謙虚な賢さというものを
    手に入れるのです。

    どうです?
    勇気がわいてきませんか?

    頑張ってください。
    偶然の縁ですが、応援します。
    私は、あなたがサラ金のカードを持っていても、
    ここではもうあなたと友達ですよね。
  • あといくら
  • 2005年09月28日 20:48
  • ↑passer-by様
    私も大変考えさせられました。ありがとうございます。
    借金親父さんの投げかけに対してみんないろいろな考えがあって、このblog、スゲエ、と思いました。
    これからもポチポチ。
    遊びに来ます。
    上手く書けませんが、スゲエです。
  • ソラ
  • 2005年09月28日 22:49
  • 借金親父さん、こんばんは♪

    借金親父さんのブログにはたくさんの人が集まってますね。
    素晴らしいことだと思います。
    羨ましい・・・正直に言うとこの言葉がぴったりかしら(笑)。

    passer-byさんのコメントを読んで私はいくら貯められるかな〜なんて考えてました。
    任意整理が終わって借金返済をしなくなったら、月に6万円が浮くことになるじゃないですか(我が家の場合)。
    それとボーナスを足したら年間100万位貯まるかな?なんて空想しちゃいました( ̄m ̄*)プ
  • 借金親父
  • 2005年09月29日 01:37
  • passer-byさん、ありがとうございます。

    >勇気がわいてきませんか?

    わいてきました^^

    >ここではもうあなたと友達ですよね。

    こちらからお願いしたいくらいです。
    これからも私を見張ってください。
    宜しくお願いします。




    あといくらさん、ありがとう。

    >、このblog、スゲエ、と思いました。

    たしかにコメント頂いてる方々は多彩な顔ぶれですよね。ただ記事かいてるのはただのおやじですが・・・




    ソラさん、いつもいつもありがとう。

    ソラさんの今の頑張りはきっと報われます。
    けして空想なんかじゃなく現実になりますよ。
    お互い頑張ろうね。
  • リーナ
  • 2005年09月29日 03:03
  • 親父さんこんばんは!
    私も、とっても勉強になりました。
    感謝です!
  • 借金親父
  • 2005年09月29日 03:34
  • リーナさん、いつもどうも。

    私なんか感謝しっぱなしです^^;
    皆さんのコメントがどれだけ励みになっているか・・・
    リーナさんも大変だと思うけど頑張ってくださいね。
  • りな
  • 2005年09月30日 02:38
  • 私も特定調停を視野に入れていたんですけどね^^;
    計算したら見事、全部過払いでした(笑)
    特定調停も経験してみたかったです^^
    結果楽しみにしています♪
  • 借金親父
  • 2005年10月01日 22:43
  • りなさん、どうもm(--)m

    私は過去に借り換えしてますので、そこは調停しても減額はありません(金利は無くなると思いますが)
    ですからその分「借換完済したところから少しでも取らないと」って感じです。

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
コメント
[必須入力]

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。